耐震・安全について

木造住宅用制振装置

taishin

せっかく建て替えるお家には、地震対策も万全に行いましょう。地震対策には皆さんがよく聞くようになった「耐震」だけではなく、「制振」も必要なことをご存知でしょうか?近畿建築リフォーム協会では、「最高品質」の装置を使用し、ご家族の命やお家を守ります.
見えない所だからこそ、しっかり作っていきます。

taishin2

耐震

壁を補強したり、筋交いを入れて家を丈夫にします。「耐震=家が壊れない」という意味ではありません。

制振

余震で倒壊する家が多いことには、あまり触れられていません。地震は本震だけではありません。余震にも有効なのが、『制振』です。地震による「振動エネルギー」を吸収し、揺れを小さく抑えることや、揺れを和らげることです。建物の損傷が少なくなるので、本震や与信にも有効です。元々、高層ビルなどの大規模建築に採用されることが多かったのですが、近年では戸建て住宅への採用も急須しています。

taishin3

「エヴォルツ」

千博産業が企画・開発・販売している制振装置です。製造は、ドイツのビルシュタイン社に委託し世界レベルの高性能、高品質の油圧式装置です。木造住宅に設置することで、地震の時に住宅にかかる衝撃を吸収できます。家の傷みを和らげ、余震などの繰り返される揺れもしっかりと吸収し、住宅や人命を守ります。地震の衝撃を約半分にします。

【Point1】>小さな揺れから効果を発揮

3メートルの柱の先端(柱頭部)が3~4mm揺れた時点から大きな力を発揮します。※特許取得済

【Point2】>地震の衝撃を約半分に

建物への衝撃を和らげ、揺れを大幅に抑えます。衝撃を和らげることによって局所集中を軽くします。

【Point3】>繰り返される揺れに強い

大きな地震の後には、規模の大きい余震があります。エヴォルツは、100万回の作動耐久試験をし繰り返しの揺れでも性能は変わりません。余震のことも考えられている装置です。

【Point4】>共振を防いで振動を減らす

地震の揺れと、建物の揺れが重なるとさらに大きな揺れになります。これを「共振」といいます。

【Point5】>ビルシュタイン社に製造を委託

メルセデス、ポルシェなどにショックアブソーバー(ダンパー)を供給している世界最高峰のパーツメーカーです。世界的にも有名な高級車、一流の車に搭載されている一流のダンパー。日本の車でも数多くのスポーツ車を中心にビルシュタインのダンパーが使用されています。品質も信頼も十分な製品です。

【Point6】>20年の製品保証!

出荷した製品すべてをシリアルナンバーで管理し20年の製品保証を発行

【Point7】>高品質・高耐久

住宅への設置から長期間経っても地震発生時にしっかりと作動します。これは、宇宙開発技術を転用した長期耐久性のオイルシールを採用しているからです。使用するビスも防錆性が高い素材を利用した特注品です。

【Point8】>新築・リフォーム。2×4に対応しています

建て替えでも、リフォームや耐震改修にも採用されています。

【Point9】>寺社仏閣、老舗旅館の伝統工法にも採用

伝統工法の他、ガレージハウス、3階建てにも設置可能です。

【Point10】>コンパクトで配置しやすい

間取りに影響されることなく、窓やドアの上などに設置できます。断熱材の中に設置しても断熱効果や制振の効果には全く影響はありません。

【エヴォルツ】の設置について

30坪から40坪の新築のお家には標準で12本のエヴォルツが必要です。

耐震安全住宅
近畿建築リフォーム協会での建て替えプランでは、良いもので良い家を建てていただくように、質の良いものを使っております。エヴォルツを標準設置での1,880万円です。